toggle
song
2021-04-10 | song

I’m proud of you ~そのままの君が好き♪

今週の1曲目はオリジナル曲「I’m proud of you」です。

ず〜っと前の春の桜の季節🌸仙台の桜が満開の時を過ぎて散り始めたちょうど今頃の感じ。友だち2人と3人で、急に思い立ってお花見に🌸

満開の時期を過ぎていたおかげで舞い散る桜の木の下は人もまばらで〜桜を満喫しつつ、笑い転げていました。

その時のなんとも綺麗な景色と幸せな気持ちを思い出しながら、いつも支えてくれる友だちに「ありがとう」の気持ちと「そのままの君が大好きだよ」の思いを込めて作りました。

この季節に聴いてもらいたい1曲です♪

今週の2曲目は「守ってあげたい」(松任谷由実)をカバーしました♪

ちょうど30年前の1981年にリリースされたユーミンの名曲。久しぶりに歌ってみると、流行った頃の思い出が蘇ってきて、でもすごく新鮮で、そんな30年も前の曲とは思えない。

ユーミンの曲はいつ聴いても古くならない、すごいなあ。

この曲の歌詞がストレートで、歌うのはちょっと気恥ずかしくて、カバーしたことはなかったのに、なんだか急に歌いたくなっちゃいました 😁

2021-04-03 | song

春です♪

今週はこの1曲♫「春」です。

4月生まれの長女(末っ子)が小学校3年生になる春、この曲が生まれました。作ったというより生まれたという感じで、初めて「私にも曲が作れるかも」と思わせてくれた経験でした。

桜の花びらが舞い散る中でクルクル踊っている娘を見ながら、「いつか巣立って行くんだろうなあ。どんな人になるのかなあ。」なんて思っていたら、その次の日の朝目が覚めた時にこのメロディが浮かんで、忘れないように急いで書き留めて、その日のうちにこの曲がほぼ完成したのです。2006年の春のことでした。

この曲がCDになって、そのCDを聴いてくれた友人がちょうど編集中だったドキュメンタリー映画「ぼくは写真で世界とつながる」の中で、主人公の米田祐二さんに寄り添うように流れることになろうとは思ってもみませんでした♪

ドキュメンタリー映画「ぼくは写真で世界とつながる」HPはこちらから↓

http://www.motherbird.net/~bokutuna/

2021-03-26 | song

この春、新しい場所へ旅立つあなたへ♫

今週の1曲目は、オリジナル曲「春の風」です♪

2014年の春、地元を離れてそれぞれの新しい場所へ旅立っていく友人の息子達へ花向けに作った曲です。友人であるママ達の気持ちを想像しながら泣いちゃったりしつつ、作った曲です。

その前の年の5月にリリースしたCDに収録した3曲が使われることになったドキュメンタリー映画「ぼくは写真で世界とつながる」http://www.motherbird.net/~bokutuna/index.htmlでナレーションも担当することになり、ナレーション録りの直前に作ったこの曲も急遽スタジオでギター1本で歌い、映画の中で流れることに!

この曲を作っていた時に、ナレーションに先立って観せてもらっていた映画の中の主人公、米田裕二さんの姿が私の中で重なっていたことを覚えています。

この春コロナ禍で不安な中、新しい場所へ旅立って行く人たちと、その背中を祈りながら見送る人たちにも、この曲が届いたら嬉しいな♫

そして今週の2曲目♪ 

コロナが終息したら会おうね!会いたいね!と何度も繰り返し言い合いながら、実現できない😢 

会いたい人にこんなに会えない日が続くなんて、思ってもいませんでした😢

そんなことを考えていたら、今週の2曲目にはこの曲が歌いたくなりました♫

「夢で逢えたら」/ 吉田美奈子

2021-03-20 | song

今週はラヴソングを2曲お届けします♫

今から6年前の3月、知り合いのご夫婦に赤ちゃんが誕生💌 FBでも繋がっていたお二人の赤ちゃんの誕生を心待ちにしている投稿を読むうちに、いつしか私も赤ちゃんの誕生をワクワク心待ちにするように。いよいよ病院へ!からは仕事中も気になってFBをチラチラ(笑)誕生しました!の報告にはウルウルでした。

1日で完成する曲もあれば、完成まで何ヶ月もそれ以上もかかる曲もありますが、この曲はなんと2年6ヶ月かかって誕生しました。完成したらプレゼントしようと勝手にお二人の思いを想像して作っていたのですが、完成した時にはお嬢さんは愛くるしい2歳半の女の子に成長していました。その年のジャズフェスで可愛らしいご本人を前に初披露したのでした♫

お嬢さんはすくすく愛らしく成長して、4月にはピカピカの小学生です💌おめでとうございます💐

今日の1曲目は生まれたばかりの赤ちゃんへのパパとママの思いを歌にしたラブソング(オリジナル)です♫

2曲目はジュリー(沢田研二)が歌った大好きなラブソングです。先週のFBでの投稿にコメントを寄せてくださったAさんからのリクエストにお応えしました💌ジャズフェスでこの曲をカバーしたことを覚えてくださっていてのリクエストでした。嬉しい〜♪

この曲には思い出しては今でのキュンとするエピソードが💌

私にもあったJK時代 笑、学校帰りに当時四谷にあったエレックレコードの事務所に友人2・3人(記憶がボンヤリ)と一緒に遊びに行ったことがありました。途中で出会った焼き芋屋さんで買ったポカポカの焼き芋を泉谷(あの泉谷しげる!)さんに差し入れしようと大事に抱えて。

なんでそんなことしたのか?なんで焼き芋だったのか????JKのやることはいつの時代も突飛です。セキュリティも何もなく、オープンな事務所で(いい時代でしたね)、ただ「こんにちは〜!」と入っていって、いるかどうかも確かめずに行ったのに、ちゃんといた!泉谷しげるさんに焼き芋を渡し、「なんで焼き芋なんか持ってきてんだ!?」とか怒られ 笑。 

そしてその日、事務所には憧れのCHABO(当時:古井戸)がいました。CHABOがなんと!ギターを手にして、机の上に腰掛けて、ポロポロ弾きながら歌ってくれたのがこのジュリーの「君をのせて」でした♪憧れの人が歌ってくれた(別に私のために歌ってくれたわけではない)ラブソングはそれから私の宝物に💌 

それにしても、本当に素敵な曲ですよね♫

2021-03-12 | song

あの日から10年〜ずっと忘れない。

10年前の3月11日、どこが震源地でどんな状況なのか、何も情報がないまま吹雪く中を職場を後にして、余震が続く中をひたすら家に向かって歩きました。次第にわかってくる壊滅的な状況に言葉を失いました。

そして10年経った今も、復興がどれだけ進んだとしても、被災した方達の悲しみ苦しみは癒えることはないでしょう。

今日の1曲目は讃美歌の「とおき国や」です。

余震に怯えながらの日曜日、礼拝でこの讃美歌を歌った日のことが忘れられません。1923年の関東大震災の日に、たまたま大阪から東京に来ていた宣教師で英語教師だったJ•V•マーティンが、白金にある明治学院(私の母校)の運動場に避難。そこで人々に配布された蚊帳の中で灯っていた蝋燭が十字架に見えて、この讃美歌を作ったそうです。3.11から10年。

節目の日を迎えても癒えない悲しみを抱えている心に、神さまのなぐさめが注がれますように、祈りを込めて歌いました。

そして2曲目はユーミンの「瞳を閉じて」をカバーしました。

3.11の後、半年くらい歌が歌えず、ギターも触れない日が続きました。そんな時に久しぶりにギターを手に取ってポロンポロン弾きながら、たまたま歌った曲がユーミンのこの曲でした。前から知っていた曲なのに、震災の後に歌ったその時、歌詞もメロディも違って聞こえて、胸に迫って歌えませんでした。その日から、特別な歌になりました。

この曲は長崎の五島列島の奈留島にある高校に通う女子生徒からのリクエストに応じて、ユーミンがプレゼントし、愛唱歌となり、歌碑も建てられているそうです。

震災後に、いろいろな曲で、今までと違う意味で心に響いて力をもらったという話をよく聞きました。良い歌にはそんな力があるんですね♫

2021-03-06 | song

今日は2曲お届けします♫

1曲目はオリジナルで「ミモザ」です♫

2017年の3月に作ったオリジナル曲です。その年の誕生日に友人がミモザのリースを作るワークショップへの参加をプレゼントしてくれて、その日からすっかりミモザの花の虜に。春が待ち遠しいこの季節、それでも心が冬のまま凍えているあなたにミモザの花を届けたくて、歌にしました♫

後で色々ググってみたところ、イタリアでは3月8日が「ミモザの日」だそうで、「FESTA DELLA DONNA」(女性の日)とされていて、母親や妻、恋人や同僚に愛や幸福の象徴としてミモザの花束を贈るんですって💌 1904年にニューヨークで女性労働者が参政権を求めてデモを行った日で、国連によって「国際女性デー」に制定されているそうですよ。

もう1曲は「にじ」という歌をカバーしてみました♫

コロナ禍の中、空を見上げて歌いたい曲です♪

子どもたちがまだ小さかった頃、トラや帽子店というちょっと変わった名前の音楽ユニットと新沢としひこさんが歌っているのをCDで聴いて、いい曲だなあって思っていました。昨年洗剤のCMソングで若い女の人の声で歌われていて、「あ!この曲」って懐かしかった。ヨーグルトのCMでも流れて。今年に入ってドラマ「にじいろカルテ」の挿入歌としてテーマソングの様に歌われています。きっと今の私たちの気持ちに寄り添ってくれる曲なのでしょう。

昨年2月のchiharu live@kaffe tomteでも、友人で音楽仲間の照井さんのウクレレとコーラスで楽しくお届けしました♪またライブで歌いたいな。

どちらもお時間のある時に、ゆっくり聴いてみてくださいね♫

2021-02-28 | song

弾き語り動画アップしました♪

ずっとご無沙汰してしまいましたm(_ _)m

コロナ禍の中、皆さまそれぞれ大変な日々をお過ごしのことと思います。

ライブも自粛が続く中、なんとか曲を届けたいと思いながら、何もできずにいたのですが、やっとやっと録画と編集に挑戦してYoutubeに投稿しました。

すこしずつオリジナルやカバー曲をブログにもアップして聴いていただければと思っています。

第1弾はKaycey MusgravesのRainbowです。在宅勤務だった4月の頃、この歌に出会って、癒されて、自分の声で届けたくて歌ってみました。

Rainbow / Kacey Musgraves covered by chiharu

オリジナルもぜひ聴いてみてください♪ 優しいメロディも、「傘にしがみついている貴方に伝えたい。いつだって貴方の上には虹がかかっているのよ」と歌う歌詞も歌声も心に沁みます。

2017-04-06 | song

やっとやっと春です♪

 

長~い冬が終わり、やっとやっと春ですね。

我家のクリスマスローズ、なんのお世話もしていないのに

毎年春を待ち焦がれる季節に、もうすぐ春だよ

頑張れ!って言っているように咲き始め

温かくなったこの頃は、ぐ~んと背伸びをするように

気持ちよさそうにしています。

 

まだまだ寒かった2月3月、癒してくれたのはミモザの花

なぜかこの冬はミモザの花に魅せられていました

そんな時

友人が誕生日プレゼントにと誘ってくれた「ミモザのリース作り」

ふわふわ揺れる黄色の花に癒されつつ、グルーガン片手に格闘

ユーカリの葉とミモザの優しいリースができました

 

イタリアでは国際女性デーとなっている3月8日には

男性がミモザの花束を女性に贈る習慣があるそうです

素敵だなあ

 

若いときからどうも冬が苦手な私がミモザに癒されつつ~

新曲「ミモザ」ができました♪

みなさんに聴いてもらえる日が楽しみです。

 

 

2017-03-18 | song

I wanna be free ♪

先日のDatefm 「In My Life」でも紹介した

The Monkees の 「I wanna be free(自由になりたい)」にまつわる思い出

 

中学1年の頃、その名も「ザ・モンキーズ・ショー」という30分ドラマが放映されていて

放送日には学校から息を切らして帰ってきては、テレビの前に釘付けになって観ていました。

ストーリーはハチャメチャだけど、必ず1~2曲バンド演奏シーンがあって

それが何より楽しみで

 

このギターを模ったロゴも大好きで、授業中^^にノートに何度も描いてたっけ

あ~懐かしい♪

 

数々の大好きな曲たちのなかでも、有名な「Day Dream Believer」を押さえて

私の1位に輝くのが、この「I wanna be free」

今は亡きデイビー・ジョーンズの甘~い歌声と I wanna be free~♪のフレーズにうっとりしていました

が、何年後かに改めて歌詞に注目して愕然!英語の歌詞を雰囲気で聴いていたけど

「空飛ぶ鳥のようにぼくは自由でいたいんだ だから、ぼくを縛らないでね

でもぼくが君に側にいて欲しいときには、いつでもそばにいてね」って!!!

なんて身勝手な奴だ!!!と憤慨して、がっかりして、モンキーズ拒否反応時代が(若い^^)

 

今では、そんな歌詞もわかるな~ 人って身勝手だもの

側にいて欲しいけど、縛られたくない 大切な人でも いっつも一緒だと息がつまるw

意外に深い歌詞だったのかも

 

番組でフリーアナウンサーの三浦さんと楽しくおしゃべりしながら

あらためて、いい曲だな~とうっとり聴き惚れたのでした

ちなみにThe Monkees、作られたグループと言われ、解散、再結成~を繰り返しながら

デイビー亡き後、ミッキー、マイク、ピーターの三人で再び活動を再開していて

2016年6月にはニュー・アルバム「Good Times」をリリース

すっかりおじさんになったThe Monkees のステージ観て見たいなあ