toggle
2022-05-28 | song

夏は来ぬ♪

我が家の庭に今年も卯の花が咲きました。

この花が咲くと、母がこの歌を口ずさんでいました。そのことを書いたSNSの投稿に、「歌って♪」と友人たちからのリクエストをもらって、私も歌いたいなあ、と。

母が歌っていた1番の歌詞をぼんやり覚えているだけで今回ちゃんと5番まである歌詞を読んでみると調べないとわからない言葉がいくつもあって^^;

でもとっても美しい、初夏の里山の風景が目の前に広がってくるような歌詞にうっとりです。

夏は来ぬ  作詞:佐佐木信綱 作曲:小山作之助 (1896年)

卯の花の 匂う垣根に
時鳥(ホトトギス) 早も来鳴きて
忍音(しのびね)もらす 夏は来ぬ

さみだれの そそぐ山田に
早乙女が 裳裾(もすそ)ぬらして
玉苗(たまなえ)植うる 夏は来ぬ

橘(タチバナ)の 薫る軒端(のきば)の
窓近く 蛍飛びかい
おこたり諌(いさ)むる 夏は来ぬ

楝(おうち)ちる 川べの宿の
門(かど)遠く 水鶏(クイナ)声して
夕月すずしき 夏は来ぬ

五月(さつき)やみ 蛍飛びかい
水鶏(クイナ)鳴き 卯の花咲きて
早苗(さなえ)植えわたす 夏は来ぬ

私が調べたのは、こんなにいっぱい!↓

  • 忍び音:その年に聞かれる時鳥(ホトトギス)の鳴き声
  • 早乙女:田植えをする女性
  • 裳裾:衣服のすそ
  • 玉苗:苗代から田へ移し植えられる苗
  • おこたり諌むる:怠らず勉学に励めといさめられる
  • 楝(おうち):夏に花をつける栴檀(センダン)の樹
  • 水鶏(クイナ):古典文学にたびたび登場するヒクイナ、この鳥の鳴き声は戸を叩くようにも聞こえる

5番の歌詞は1番から4番までの歌詞をまとめた(面白い!)ものだったので、今回は省略しました〜。

我が家の子どもたち(もうみんな大人だけど(^ ^))も唱歌はほとんど知らないみたい。学校でも歌わなくなったものね。私だってちゃんと歌詞を知らないし。でも、美しい日本語と素敵なメロディの曲がたくさん!

これからも歌っていきたいです♬

聴いてね♪

2022-04-24 | song

灯火♪

この曲を歌っているのはシンガーソングライターの優河さん。

初めて聴いたのは、仙台のジャズフェスの特設ステージで。その歌声にすっかり魅せられて、その後、小さなカフェでのマイクもアンプもない弾き語りのライブを聴きに盛岡へ。その次の年にはウィリアム・モリスの壁紙が美しい岩手県公会堂でのライブを聴きに再び盛岡へ。大好きな盛岡+優河さんのライブは2回ともレアなひとり旅でした。

そしてこの冬、ドラマ「妻、小学生になる」の主題歌として毎回絶妙なタイミングで流れてきて、その度にジーンと心を震わせてくれたこの曲。

優河さんの透明感溢れる歌声には及びもしないけれど、大好きなこの曲を、会いたいけれど今はもう会えない愛しい人を思って歌いました。

聴いてね♪

2022-04-08 | song

ミモザ♪

すっかりご無沙汰してしまいました。

昨年の10月母の介護が始まり、まだまだ介護の日々が続いてくれると思っていたのですが、11月の末に母は天国へと旅立っていきました。

痛みや不安から解放されて、安らいでいる母を思いながらも、いつも側にいてくれた母がいない現実が寂しくてメソメソと過ごす日々が続きました。

母も毎年楽しみにしていた庭のクリスマスローズも綺麗な花を咲かせ、仙台では今日、桜の開花宣言が発表され、春の訪れを感じられるようになりました。

3月生まれの私は冬が苦手で(夏も苦手💦)春が来ると土の中から出てくる虫たちのように(笑)春の訪れに元気をもらえるのです。

春の訪れに力を借りて、また歌をお届けできたら♪と、久しぶりの「聴いてね♪」です!

ミモザの花の見頃を迎えた仙台から、戦渦に苦しむウクライナ🇺🇦の人々に、1日も早く本当の「春」が来ることを祈りながら歌いました。

このオリジナル曲は、「聴いてね♫」投稿を始めたばかりの頃アップしたのですが色々と不慣れすぎて〜全編「ザ〜〜〜〜〜」っとノイズが入っていて聞きづらい😭〜ので、Take2です!聴いてね♪

2021-11-15 | others

久しぶりの投稿です♪

9/26のYouTube 動画以来、久しぶりの投稿です。

この夏90歳の誕生日を迎えた私の母。5月にヘルペスを患ってから、体調を崩しがちだったのですが、8月に孫達も揃って卆寿のお祝いした時にはグッと元気になって、本人も私達もとても喜んでいました。

それが、10月に入って急に痩せてきて、10月末にはガクガクっと弱ってしまい、昨日できていたことが今日できなくなってしまう、ということの連続で、あれよあれよと言う間に、11月になってからはベッドでの生活となりました。ケアマネージャーさんの親身でスピーディーな対応のおかげで、介護用のベッドと体位変換してくれるエアマットをお借りすることができ、往診してくださるお医者さんも見つかり、介護を助けてくれるヘルパーさん達にいろいろ教えてもらいながら、介護に専念する日々となりました。

母の介護に専念するため、職場の上司にも同僚にも大変迷惑をかけてしまったのですが、今月末で退職させていただくことになりました。

急激な変化に対応するのがやっとの日々でしたが、在宅ワークの多い長女にもしっかり助けてもらいながら、少しずつ介護生活のペースにも慣れてきたところです。

おかげさまで、母も「なんで急にこんなになっちゃったのかしらねー?」と言いながら、今は特に痛みや具合の悪さはなく、眠っていることがほとんどですが、穏やかに、ユーモアも忘れずに過ごしてくれています。

そんなこんなで、歌の動画のアップはなかなかできない状況ですが、時間をみつけて歌とギターの練習は続けないと!と思っているところです。今は毎晩母の枕元で讃美歌を歌っています♪

2021-09-26 | song

晩夏(ひとりの季節)♪

今週はユーミンの日本語使いの美しさが際立つこの1曲「晩夏(ひとりの季節)」です♪

この季節にぴったり!と思い、歌ってみました。秦くんVersionでお届けします💕

ユーミンの表現が秀逸で、歌い出しの「ゆく夏に名残る暑さは夕焼けを吸って燃えたつ葉鶏頭」から、もう凄い!

そして、歌いながら、日本語の美しさに感動してしまいます💕色の表現のバリエーションの豊かさは驚くばかりです。

日本の色の名前や読み方、カラーコードを紹介してくれるサイトを見つけました。この「伝統色のいろは」というサイトすごいです!

紅だけでも、唐紅・韓紅・深紅・紅鼠・紅色などなど、それぞれに由来と色がわかって見飽きません。

夕暮れ時の刻々と変わる空の色を、「茜は紅に」「藍色は群青に」「薄暮は紫に」と美しい日本語で追いかけている歌詞に痺れます。

以前から聴いていたのに、いざ歌ってみようと思ったら、「薄暮」って?「しじま」って?何となくわかる気がするけど、私の理解はなんでも曖昧なので💦 それで調べました。

薄暮は「日が暮れようとする頃。夕暮れ。黄昏。」しじまの漢字は「静寂」で、漢字のまま「静まりかえって、物音ひとつもないこと。」なるほど〜。

「ふるさとは深いしじまに輝き出す」で終わるこの曲歌詞のどこをとっても美しくて、うっとりです💕

聴いてね♬

2021-09-18 | song

君に会えてよかった♪

今週の1曲はオリジナル「君に会えてよかった」です♪

夕焼けを見ながら心に浮かんだ気持ち、それをそのまま聞こえてきたメロディにのせて「作った」というより「生まれた」曲です。

あんまり気張らず、毎月ゆるくライブを続けたいなあと思い、久しぶりにkaffe tomteで「これから毎月お願いします♪」と再開させてもらったchiharu live @ kaffe tomteでラストに歌った曲。

簡単なメロディなので、繰り返しのところを一緒に歌ってくれたら嬉しい〜♪とお願いして歌い始めたところ、皆さんの歌声が聴こえてすごく嬉しかった🤗

コロナ禍で〜毎月のつもりがその1回だけになってしまったけれど、また一緒に歌える日を楽しみに💕出会いに感謝して歌いました😊聴いてね♪

2021-09-11 | song

永遠の夕日♪

今週は大好きなハンバートハンバートの、中でも大好きなこの1曲「永遠の夕日」です♪

鎌倉の海岸に沈む夕日、この写真は2年前の秋に長女と鎌倉に行ったときに撮ったもの。鎌倉が大好きで、特にこの海岸を娘と歩きたかった。

この曲のメロディも詩も、とってもロマンティック。こんな再会はなかなかないよね。

でもでも、こんなにロマンティックじゃないけれど、この歳になったからこその素敵な再会がいくつもあったなあ、って思い出したのです。

CDをリリースして、そのおかげでたくさんの素敵な再会がありました😃イオンモールで歌った時に、たまたま夕刊に載った記事を見てふらっと立ち寄ってくれた大学時代の友人。お互いに「えー!!!」っと鳥肌ものの再会。chiharuじゃわからないし、旧姓しか知らなかったものね。お互いに宮城県に住んでいることさえ知らなかったのに🤗

CDのことをFBで中学・高校の同窓生たちに声をかけてくれた友人に会いに東京へ。本当に久しぶりの嬉しい再会。

その知らせを受けた友人たちがCDをゲットして聴いてくれて、その中の一人が当時編集中だったドキュメンタリー映画に私の曲を使いたい!と、おまけにナレーションまで。

その映画が完成して、各地で上映会が開催されて、私もミニライブで参加することになり、京都、大阪、篠山から北海道の北見市まで、全国各地を一緒に旅をすることに💕

その旅に同行してくれて、何かと助けてくれた友人たち。旅先に現れて、一緒に時間を過ごしてくれた友人たち。仙台までライブを聴きにきてくれたり、アメリカから実家に帰国した際に仙台に寄ってくれた友人も。

友人が牧師夫人の板橋教会での上映会や高円寺のライブハウスでの上映会には同窓生がたくさん観に来てくれて、ひとりひとりともっとゆっくり話したかったなあ。

久しぶりに会う友人たちとは、それぞれ仕事や子育てに追われている期間、連絡が途絶えてしまっていて。でも、高校卒業以来の再会なのに、みんな面影はしっかりあって、それぞれ色々な道を通って今があるから、みんなそれぞれに魅力的で、話も尽きなくて。こんな面もあったんだ!って驚いたり、嬉しい発見だったり。

私にもあったあった〜感動の再会が💕

歳をとるのも素敵だなあと思わせてくれる再会が💕

コロナが終息したら、今度は上映会で出会ったあの人この人にまた会いに行きたいなあ。再会を喜び合って、おしゃべりして、また曲を届けたいなあ、と次の再会(と旅も♪)を夢見る今日この頃の私です。

聴いてね♫

2021-09-04 | song

morning glory(あさがお)♪

今週の1曲はオリジナル「morning glory(あさがお)」です♪

夏の朝に美しく咲いて私たちを楽しませてくれる朝顔。

朝顔の季節には、庭で咲き誇る朝顔を見るのが朝の楽しみになります。今日は何輪咲いているかな?何色の花が咲いたかな?と。

「一日花」と呼ばれる朝顔ですけれど、実際には一日ももたず、朝早くに咲いて、お昼にはもうしぼんでしまいます。朝早くと言っても、朝顔は日没から10時間後に開花するそうで、開花する時期によっては夜中に咲き始めるのだとか。

我が家の朝顔は私が起き出す時間にはもう咲いていて、お昼にはしぼんでしまう。そんな朝顔を毎朝見ているうちに、だんだん感情移入してしまって、なんとも切なくなってしまったのです。

私の朝顔への勝手な思い入れが日に日に激しくなって(笑)この歌が生まれました♪

私たちの目にはほんの数時間の命に見えるけれど、朝顔にとっては、もしかしたら〜ひょっとしたら〜この数時間がゆっくりスローモーションのように過ぎているのかもしれない💕

花ひとつひとつにそれぞれの物語があるかもしれない〜そうであってくれたらいいのに💕と願いというか妄想をしながら、毎日新しく咲いてはしおれていく朝顔を見ているのでした。

聴いてね♬

2021-08-28 | song

白いページの中に♪

今週はこの1曲「白いページの中に」です♪

第15回ヤマハポピュラーコンテスト(1978年春の大会)で入賞した柴田まゆみさんの曲です。当時楽しみに楽しみに聴いていたラジオ「コッキーポップ」のオープニング曲にもなっていました。

ライブやジャズフェスで歌うカバー曲の相談をしていたときに、当時仕事でお世話になっていた方が「あの曲歌ったらいいのに!」とあげてくれたのがこの「白いページの中に」でした♪

蔵王の遠刈田温泉にある「ゆと森倶楽部」の暖炉ライブで歌った際に、この曲をカバーしたことがありました。

ライブが終わった後で、ひとりのご婦人が近づいてきてくださって、「この曲大好きなんです。嬉しかった!」と声をかけてくださいました。誰かの心の中に大切にされていた曲をカバーして喜んでいただけた時、「この曲を選んでよかったぁ♪」となんだかとっても嬉しくなるのでした🤗

柴田まゆみさんは、この曲1曲を発表しただけで引退していたそうですけれど、1992年からまた活動を再開されていて、ライブ活動をされているそうです。いつか生の歌声を聴いてみたいな♪

いろんな歌手の人たちがカバーして愛され続けている名曲です。

聴いてね♪

2021-08-21 | song

夏の日♪

今週の1曲はオリジナルで「夏の日」です♪

前回の「Sea」をお届けした時にお話しした、母方の祖父母の家は海のすぐ近くで、小さな庭のある小さな家でした。私が高校生になる頃には埋め立ても終わり、海はずっと遠くになってしまい、大好きだった祖父母の家も区画整理のために他の市に住み替えをすることになってしまい、今は思い出の中にしかありません。

小さな庭のある小さな家には懐かしいものが何でもかんでもギュギュっと詰まっていました。

台所は土間で、食卓は掘り炬燵で、横には火鉢があって、庭には井戸があって、その横にタライを置いて、小さい頃はそのタライで水浴びで遊んで、井戸で冷やしたスイカを縁側に座って食べて、タネ飛ばし競争をして、おじいちゃんの自慢の盆栽が手作りの棚に並んでいて、小さな庭なのに、実のなる木がいくつもあって、ザクロ、びわ、いちじく…。

小さなお稲荷さんも会って、その前を通る時はちょっぴり怖かったり、お習字の先生をしていたおじいちゃんは横笛の名手で、町内会のお囃子で横笛を吹いていて、普段はいつもおばあちゃんに怒られているちょっと情けないおじいちゃんが、お祭りの時ばかりは、浴衣で横笛を吹いて、かっこよかった。

近所のお風呂屋さんにおばあちゃんと行くと、必ずお風呂上がりにフルーツ牛乳かコーヒー牛乳を飲ませてくれて、お風呂屋さんの向かいのお肉屋さんに寄って、揚げたてのコロッケを買ってもらって食べながら帰った。美味しかったぁ。

おじいちゃんはウグイスとメジロを飼っていて、毎朝餌を作るお手伝いをしてたっけ、スズムシも飼育して、毎年綺麗な声で鳴いてくれていた。庭にはホウズキの実がなって、おばあちゃんは上手に中身を出して、ブーブーって鳴らしてみせてくれた。私はいくら真似して頑張っても、いつも途中で破ってしまって…、

思い出はいっぱいいっぱい尽きません。思い出が詰まった懐かしい庭と家と、今は亡き優しい祖父母の笑顔を思いながら作った曲です。聴いてね♪

1 2 3 4 5